大腸がん転移や様々な病気を防ぐ|ドクターヘルスチェック

Nurse

厳格な食事療法

Doctor

60代後半の父に大腸がんが見つかり、手術で大腸の一部を切除しました。手術後は転移させないことが最優先目標でしたが、約1年後、肺に転移が見つかりました。その後、食事療法と適度な運動により病変は消失しました。

Read More

検診を受ける

Doctor

大腸は便の水分を調節する臓器です。がん死亡した人の統計では女性の第1位の原因と報告されています。大腸がんになる原因は複数の要因が重なって発症するため予防は困難です。検診では便潜血で検査を行います。

Read More

ピロリ菌を除菌する

Doctor

ストレス性胃腸炎の場合にはピロリ菌の除菌も一つの治療の選択肢となります。医療費を抑えるためにも病気の疑いがある場合には胃カメラなどの検査を受けておくことが大切になります。医療システムを把握しておくことがコツとなるのです。

Read More

病気の予防

Doctor

病気になってしまうと利用する場所に医療機関がありますが、医療機関では治療のみならず予防として利用することが出来ます。また、予防目的として健康診断などを取り入れている企業も多く、人間ドックを個人的に利用する人も少なくありません。私たちは医療機関を利用する場合、病気になってから利用しますがその頃には病気が進行していることもあるので定期健診などは早期発見するためにも欠かすことが出来ないものだといえるでしょう。

病気には大腸がんやストレス性胃腸炎など様々なものがありますが、病気の原因には普段の生活習慣やストレス、遺伝要因などがあるため誰でも発症する危険性はあるのです。また、がんなどは転移することがあるので早めに治療をし、転移しないようにしなくてはなりません。大腸がんに関しては治しやすい病気になりますが出来る部位によって異なってくるので注意する必要があります。特に上行結腸と呼ばれる小腸から近いところに発症するがんは、自覚症状がほとんどないので発見に遅れてしまうことも多々あるのです。そうならないためにも定期健診を受けることは大切で、人間ドックなども気軽に利用することが良いでしょう。また、わさびはあまり使用することがないものですがわさびには解毒効果を期待することができ、発がん予防にもなるので食生活に取り入れていくことも良いと考えられます。食事は私たちが健康を維持する部分でも大事な役割を担っているのでわさびだけにこだわらず栄養価の高い食事を摂取することが良いといえます。